NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」

綾瀬はるかと広瀬すず、歴史に残る“美しさ” 映画『海街diary』にあふれる幸福感

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そしてもう一人、特筆すべきは広瀬すずだ。名前と役名が同じであることも偶然ではないと思わせる。それくらい作中のすずは瑞々しい。だが、成長していく少女ほど儚いものはない。だからこそ、今という時間にしか映しこめない輝きがここにあるのだ。桜並木のトンネルを自転車で走り抜けていくシーンなどは、長く記憶に残る名場面となるだろう。

 すでにテレビドラマやCMでたくさんのスポットを浴びている広瀬だが、この映画への起用はそれ以前に決まったことだ。是枝監督の慧眼、恐るべし。彼女を発見したことで、この作品の制作を決めたのではないかと想像したくなるほど、その存在感は際立っている。

 この映画には驚愕の事件も、泣かせる難病も、気恥ずかしくなるような大恋愛もない。しかし、不在者をも包み込みながら、自分たちの居場所で積み重ねていく日常の豊かさを、静かなるドラマとして描き切った秀作である。是枝監督と四姉妹に拍手を送りたい。
(文=碓井広義/上智大学文学部新聞学科教授)

綾瀬はるかと広瀬すず、歴史に残る“美しさ” 映画『海街diary』にあふれる幸福感のページです。ビジネスジャーナルは、連載、広瀬すず映画綾瀬はるかの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事