NEW

フジテレビ、末期症状?AKB総選挙直後に“ファンの天敵”主演映画放送で視聴率爆死…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ご丁寧にテレビ欄には、『佐藤健の本格ラブストーリー地上波初登場』と書かれており、フジのあまりの気の利かなさは理解に苦しみます。AKB総選挙の視聴者は、22時から『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)に流れたようです。この日は15%というかなり高い数字を記録していますからね。フジは昨年も同じようなミスを犯しています。SMAPが総合司会を務めた『27時間テレビ』が感動のフィナーレを迎えた直後、泉ピン子にクローズアップした『ワンダフルライフ』を放送。SMAPファンは主に30〜40代の女性であり、この層が果たして姑役のイメージがある泉の姿を観たいと思うのか。実際に『27時間テレビ』のエンディングパートは20.5%をマークしたにもかかわらず、『ワンダフルライフ』は1ケタ台に終わりました」

 フジ低調の背景には、こうした「視聴者の心情に立つ」という視点の欠如があるのかもしれない。
(文=編集部)

フジテレビ、末期症状?AKB総選挙直後に“ファンの天敵”主演映画放送で視聴率爆死…のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、AKB48フジテレビ視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事