NEW

日焼け止めは危険!皮膚がん、ホルモン異常、生殖機能低下の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どちらのタイプも、最近は超微粒子化しており、肌の奥深くまで浸透しやすくなっています。また、体の広範囲に塗るため、全身の皮膚から吸収することになります。食べ物に気を使っている人でも、口に入れない場合は注意が甘くなりがちです。しかし、経皮吸収経口吸収以上に毒性が体に回りやすく、気をつけなければなりません。

「無添加」と記載されていても、発がん性物質が含まれている製品は数多くあります。また、英科学雑誌「ネイチャー」によると、「日焼け止めは日焼けを防ぐことができても、皮膚がんは防げない」との報告がありました。

 紫外線を防ぐには、日傘や長袖などで直射日光を防ぐことが一番といえるでしょう。
(文=村上純一/医療ジャーナリスト)

日焼け止めは危険!皮膚がん、ホルモン異常、生殖機能低下の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、日焼け止め皮膚がん紫外線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事