NEW

フジテレビ末期症状…現役アナ自虐発言連発 「誰も見てない」「挽回はもう無理」

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,


 さらに「私たちがずっといるのがよくないのかな?」と佐々木が発言すると、中村も「それが原因だったら、本当ごめんなさいですよね」と続けた。

「誰も見てない」とつぶやく佐々木アナ

「かつては“女子アナ王国”といわれたフジですが、現在は加藤綾子と生野陽子の2大エースに続く人材が育っていないのは確かです。2人とも30歳を超えており、特に加藤はフリー転身の噂が絶えません。“ポスト・カトパン”として期待された永島優美アナは人気が伸び悩んでおり、2年目にして路線変更を求められています。前途有望なのは『めざましテレビ』『ノンストップ!』など帯番組を務める山崎夕貴ぐらいで、最近は女子アナといえば日本テレビの水卜麻美やテレビ東京の狩野恵里などに話題をさらわれています」(前出の関係者)

 視聴率低迷が改善されず、女子アナの存在感も薄まりつつあるフジ。鼎談の最後には佐々木が「誰も見てないかもね……」とつぶやいていたが、局内の危機感は相当なもののようだ。
(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合