NEW
芸能・エンタメ

AKB48高橋みなみ、社長業に意欲 「素質がある人を見つけて派遣会社をやりたい」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 土田晃之とAKB48の指原莉乃がMCを務める深夜の番組『僕らが考える夜』(フジテレビ系)。7月9日分では、「学生で億万長者になったらだめですか?」についての討論が繰り広げられた。

 同番組はAKB48のメンバーが“現代を生きる若者代表”として、ゲストや気鋭の論客と掲げられたテーマを元に議論を交わす、ソフトでポップな討論番組。今回は具志堅用高、ナジャ・グランディーバをゲストに、専門家として椎木里佳、梅崎健理を迎えて意見が交わされた。

 冒頭、番組が「有名企業の社長は学生の頃に企業していること」と紹介し「なぜ起業しようと思ったのか?」という質問からスタート。椎木、梅崎が若くして起業したことを聞き、社長になることを夢見ている阿部マリアは「AKB48に入ったのを後悔してきました」と話した。続く「学業と仕事の両立は?」という話題に対して、指原が「芸能界に入ってなかったらどんなアルバイトをしてました?」とメンバーに質問すると、高橋みなみは「親に『芸能界に入りなさい』って言われていた。アルバイトするならガソリンスタンドとかマック(マクドナルド)でインカム付けたい」と回答。その後、土田は田野優花に対し「40代くらいで錦糸町にいそう」と茶化すと、ナジャも続けて「今でもガールズバー感が出てる」と述べた。

続きはこちら

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合