成果に関係なく給料が出て、お金を出せば相応のものが手に入る会社員は、「身銭を切ってやったことがまったくの無駄になった」という経験をしにくい。

 しかし、こと起業についていえば、「無傷で成功する方法」は存在しない。さまざまなことを試し、損をしたり失敗したりを繰り返すなかで、ビジネスは成長していく。損をして消えていったお金は「無駄」ではなく一種の「投資」なのだ。この感覚がわからないと、損をしたくないばかりに起業のスピードを大きく落としてしまうことがある。

 だからこそ、起業準備の段階で、試行錯誤に使う「テスト用の予算」も確保しておきたい。「なくなってもいいお金」だと思っていれば、損をしてもがっかりする度合いが少ないからだ。

 ここで紹介した内容は、まだビジネス自体のアイデアがない段階でも実践できるものだ。

 だからこそ、起業を考えている人は今から少しずつでもやっておくべきだろう。

 今回は、「起業の準備」について取り上げたが、本書ではこの他にも「ビジネスプランの立て方」や「時間の使い方」、「商品開発の方法」など、起業に関するあらゆるトピックについて、目標に少しずつでも、正確に近づくためにすべきことが明かされている。

(新刊JP編集部)

関連記事

起業家支援のプロが語る「起業の成功・失敗を分けるもの」
計画倒産、高級車リース…与沢翼が疑惑に答える
実は勝ち組だった「のび太」
会社を辞める前に考えてみたい3つのこと

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ