NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

鼻毛カッター、買う“恥ずかしさ”を消すモノすごい販売手法!鼻毛への注意緩和

文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授
【この記事のキーワード】, , ,

 他社の商品には「iトリマー」という携帯音楽プレイヤーなどの電子機器を思わせるようなネーミングおよびデザインの鼻毛カッターもあり、メーカー各社の苦労の跡が見受けられます。

 購入するのが「とても恥ずかしい」商品のイメージを変化させることは極めて困難で、おそらくそうした商品の市場規模はそれほど大きくないと思います。しかしながら、「ちょっと恥ずかしい」くらいの商品であれば、マーケティング的工夫などによりイメージチェンジできる可能性は高いのではないでしょうか。

 老若男女を問わず、極めて多くの人が消費者になり得る鼻毛カッターの潜在市場の大きさを考えれば、大いに創意工夫し甲斐がある商品群といえるでしょう。
(文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授)

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合