NEW
中沢光昭「路地裏の経営雑学」

理解に苦しむ“問題”上司、どう対処?耐えるしかない?いきなりの正しい意見の主張は危険行為

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 余計に意地を張られたり、「こいつは危険人物だ」というレッテルを貼られるリスクもありますが、その場合は時間がたって事態が何か変わるのを待つか、それができなければ他の職場を探す覚悟を決めるかということになります。いうまでもなく、エースであるがゆえに職場を失うリスクを取るほどに問題意識が高まってしまうというのは、あまりに不条理なことです。

 次回は自分がエースではなく、ごく普通の立ち位置にいる会社員の場合の対処法についてみていきます。
(文=中沢光昭/経営コンサルタント)

●中沢光昭(なかざわ・みつあき)
企業再生をメインとした経営コンサルタント。破綻会社や業績低迷企業の再建・変革実績を多数持つ。著書に『好景気だからあなたはクビになる!』(扶桑社)などがある。企業変革の進め方やコスト効率の改善、再生企業の経営全般など、お気軽にご相談ください。

理解に苦しむ“問題”上司、どう対処?耐えるしかない?いきなりの正しい意見の主張は危険行為のページです。ビジネスジャーナルは、連載、上司会社員職場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事