NEW
山田修「展望! ビジネス戦略」

大企業を辞め60歳で起業し80億円集めた、あの異色経営者の成功の秘密とは?

文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役
【この記事のキーワード】, ,

 ここで「(4)ネットワーク力」とはまさに出口さんの「人・本・旅」と同じ、つまり「異体験から感じろ、学べ」ということなのだ。それらの異体験をしっかり「(3)観察」すること。そして私が経営者やその卵の方たちに指導しているのが「(2)質問」をして掘り下げろ、ということだ。質問をすることは時に勇気が要るが、それを乗り越えて習慣とすると自分なりの知見が獲得できるようになる。

 (3)と(2)の過程を通して取り込み咀嚼した異体験を、自らにある既知識と「(1)関連づける」。そうすると新しい考えや見方、イノベーションが醸成される。ユニークな経営技法やアイデア、戦略は、そんなプロセスから生まれる。出口さんとクリステンセン氏、私が東西で尊敬する両知識人は同じプロセスを指摘し、推奨している。是非2人の著書から学んでほしい。

第2ステージへの挑戦

 創業9年目に入ったライフネットの業績は今、踊り場にきている。「日本の生命保険料を半額に」「子育て世代にやさしい生命保険を」という理想主義に燃えて発足した同社は、2008年5月の営業開始以来、20代や30代の若年層の支持を受け、順調に保険加入者数を伸ばしてきた。

 しかし新規の契約獲得数は、12年度の6万件超えを境に減少し始め、14年度ではピーク時の半分以下になってしまった。同社に続いてのネット生命保険の新規参入が続き、現在では8社が競合するようになったからだ。

 今年に入り、ライフネットは新しい基軸を打ち出している。4月にはKDDIからの資本受け入れを発表し、保険料も大幅に下げた。さいわい、生命保険会社としてソルベンシーマージン比率(支払い余力)はとても高く、財務的には安定している。KDDIの資本関与で知名度と信頼度の補完が得られるだろう。

 業界で初めて手数料など保険料の内訳を開示したり、「正直な経営」を掲げるなど、出口さんの経営にはそのお人柄と同様、尊敬する点が多い。今展開している新しい施策は、クリステンセン氏がいうところの「(5)実験力」に当たる。イノベーティブな創業経営者、出口さんにはぜひいろいろ経営実験をして、ライフネットを第2の成長ステージへ導いてほしい。
(文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役)

大企業を辞め60歳で起業し80億円集めた、あの異色経営者の成功の秘密とは?の画像3撮影=キタムラサキコ
●山田修(やまだ・おさむ)
経営コンサルタント、MBA経営代表取締役。20年以上にわたり外資4社及び日系2社で社長を歴任。業態・規模にかかわらず、不調業績をすべて回復させ「企業再生経営者」と評される。実践的な経営戦略の立案指導が専門。「戦略カードとシナリオ・ライティング」で各自が戦略を創る「経営者ブートキャンプ第12期」が10月より開講。1949年生まれ。学習院大学修士。米国サンダーバードMBA、元同校准教授・日本同窓会長。法政大学博士課程(経営学)。国際経営戦略研究学会員。著書に 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』、『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』(共にぱる出版)、『あなたの会社は部長がつぶす!』(フォレスト出版)、『MBA社長の実践 社会人勉強心得帖』(プレジデント社)、『MBA社長の「ロジカル・マネジメント」-私の方法』(講談社)ほか多数。

「有限会社MBA経営 公式サイト」
http://senryaku.p1.bindsite.jp/
「山田修の戦略ブログ」
http://yamadaosamu.blogspot.com/ 

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合