NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

甘ったれるな新日本プロレス!サーカス化&世界進出を目指せ!選手を海外貸出すべし

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ところがWWEの有料サイト「WWEネットワーク」の会員数は120万人とされ、木谷氏は「一番の脅威だ」と認識して、「3万人では少なすぎる、20万人だったら、そこだけで大会チケットは全部売れるかもしれない」と、ネット視聴に懸けていく戦略を語っている(前掲記事より)。

 木谷氏が目指しているところは、「マーケティング4P」的にはPlace(流通チャネル)重視の戦略だが、今回はマーチャンダイジング(商品構成)の観点から提言したい。

 私は半世紀以上に亘るプロレスファンだ。世紀を越えて振り返ってみても、現在の新日プロレスの選手たちのレベルは大したものだ。毎試合飽きもせずに楽しんでいる。

 ところが、このごろの大会を見ていると、「選手が多すぎる」のだ。3人タッグは当たり前で、4人タッグも珍しくない。全7~9試合の内に3人タッグ以上が4~5試合も組まれている。選手たちは試合で自分の出番を確保するのに汲々としている有様だ。さらに一部の選手は「鈴木軍」というチームを組まされて、別団体NOAHに出向させられている。

 日本という狭いマーケットにおいて、新日本プロレスでは71人もの選手が登録している(選手名鑑より)。私の意見では、常時半分以上を海外の団体に貸し出してブッキング料を計上する。一方、日本というホームマーケットでは飢餓感を演出できる。現在は過剰感しかない。

 あるいはWWEのように、興業のブランドを複数立ち上げる。プロ野球でいえば、セ・リーグとパ・リーグを創るようなものだ。サーカスのシルク・ドゥ・ソレイユでは常時世界中で複数の公演を行っている。プロレスのビジネス形態もサーカスに似ている。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)

※ 本連載記事が『間違いだらけのビジネス戦略』(クロスメディア・パブリッシング/山田修)として、11月13日に発売されます。

撮影=キタムラサキコ
●山田修(やまだ・おさむ)
ビジネス評論家、経営コンサルタント、MBA経営代表取締役。20年以上にわたり外資4社及び日系2社で社長を歴任。業態・規模にかかわらず、不調業績をすべて回復させ「企業再生経営者」と評される。実践的な経営戦略の立案指導が専門。「戦略カードとシナリオ・ライティング」で各自が戦略を創る「経営者ブートキャンプ第12期」が10月より開講。1949年生まれ。学習院大学修士。米国サンダーバードMBA、元同校准教授・日本同窓会長。法政大学博士課程(経営学)。国際経営戦略研究学会員。著書に 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』、『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』(共にぱる出版)、『あなたの会社は部長がつぶす!』(フォレスト出版)、『MBA社長の実践 社会人勉強心得帖』(プレジデント社)、『MBA社長の「ロジカル・マネジメント」-私の方法』(講談社)ほか多数。

「有限会社MBA経営 公式サイト」
http://senryaku.p1.bindsite.jp/
「山田修の戦略ブログ」
http://yamadaosamu.blogspot.com/

甘ったれるな新日本プロレス!サーカス化&世界進出を目指せ!選手を海外貸出すべしのページです。ビジネスジャーナルは、連載、プロ野球巨人新日本プロレスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事