NEW

フジテレビ、日本代表戦中継でも視聴率惨敗…時代遅れの「フジのノリ」アナに辟易

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

フジが好調だった時代は、“フジのノリ”ということで許された側面があったし、そのノリが視聴者を巻き込んでいた。しかし、今は“フジのノリ”が受け入れられない時代。本人がどう思っているかは別として、『このアナウンサーは、自分が目立ちたいと思っているんだろうな』と感じた瞬間に、一気に視聴者は引いていきますよ」

 1997年のフランスW杯予選では“ジョホールバルの歓喜”の中継をするなど、「不敗神話」のあったフジ。今年8月の東アジア杯では全3戦を中継したものの、日韓戦で10.7%を記録するなど、数字が取れず、日本代表も最下位で終わってしまった。

 本田圭佑や香川真司を脅かすほどの選手が台頭しておらず、新陳代謝が図れていない日本代表自体の問題もあるが、中継局によって視聴率が変動することは間違いない。中継する代表戦が勝てず、視聴率もふるわない現在の状況は、フジ全体の勢いのなさの象徴かもしれない。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合