NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

インフルエンザ予防接種、効果はお粗末?価格に比べて有効性はどうなのか?

文=新見正則/医学博士、医師
【この記事のキーワード】, ,

漢方薬も有効

 そして、インフルエンザワクチンは毎年の接種が推奨されています。そもそもワクチンとは、天然痘のように一回の接種で終生免疫が得られるものが最良です。天然痘に対するワクチンは種痘といわれますが、その効果は絶大で、なんと死亡率が40%に上る天然痘を撲滅してしまいました。種痘に比べるとインフルエンザワクチンの効果はお粗末としかいえません。

 インフルエンザにかかっても、最近は抗インフルエンザ薬もあります。また、麻黄湯という漢方薬もインフルエンザの初期には筆者は有効と考えています。あえて非常識君的な発言をすれば、「インフルエンザにあえて感染して、そして自力でインフルエンザを退治することが最も有効な免疫をつくる方法だ」となります。

 でも、それはちょっと勇気がいりますね。インフルエンザの注射で因果関係が否定できない死亡例は毎年1例ぐらいあります。毎年数千万人が接種をしている中でわずか1例の疑い症例ですから、ほぼ安全な予防接種と考えられます。そうなると、有効性が重症化の防止ということであれば、やはり金額との相談でコスパが決まりそうですね。

 ちなみに接種後2週間から有効となり、数カ月有効期間が続くとされています。インフルエンザの流行が通常は12月から3月で、ピークは1月から2月ですから、インフルエンザワクチンを接種するのであれば、12月初旬頃までには済ませましょう。
(文=新見正則/医学博士、医師)

●新見正則(にいみ・まさのり)
1959年生まれ
1985年 慶應義塾大学医学部卒業
1985年〜 慶應義塾大学医学部外科
1993年〜1998年 英国オックスフォード大学医学部博士課程
1998年〜 帝京大学医学部外科に勤務

幅広い知識を持つ臨床医で、移植免疫学のサイエンティスト、そしてセカンドオピニオンのパイオニアで、モダン・カンポウやメディカルヨガの啓蒙者、趣味はトライアスロン。著書多数。なお、診察希望者は帝京大学医学部付属病院または公益財団法人愛世会愛誠病院で受診してください。大学病院は紹介状が必要です。

情報提供はこちら

インフルエンザ予防接種、効果はお粗末?価格に比べて有効性はどうなのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合