NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

欠陥マンションを購入してしまわないための方法!築10年以上、杭の「ない」物件…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 というのも、ここまで大きな社会問題になった以上、分譲会社、設計・施工会社は従来以上に慎重に商品企画、設計・施工を行い、監理の徹底を図るはずです。間違ってもデータの偽装が行えないように監理し、杭が支持層に到達しているかどうかを確実にチェックするはずです。日本の建築技術は世界でもトップクラスであり、地震などの自然災害対策も充実しています。ですから、今回のような人為的なミスなどがなくなれば、まず安心して住むことができます。

 それでも信用できない、不安というなら、もう少し待ってください。今回の問題を踏まえて、これからこうした問題が二度と起こらないような法整備などの体制づくりが行われるはずです。それに沿って供給されるマンションであれば、まず安心して生活できるでしょう。それには2~3年はかかるかもしれませんが、それまで待てる人ならジックリ腰を据えて探すのも悪くないでしょう。
(文=山下和之/住宅ジャーナリスト)

●山下和之(やました・かずゆき)
住宅ジャーナリスト。各種新聞・雑誌、ポータルサイトなどの取材・原稿制作のほか、単行本執筆、各種セミナー講師、メディア出演など多方面に活動。「山下和之のよい家選び」も好評。主な著書に『よくわかる不動産業界』(日本実業出版社)、『マイホーム購入トクする資金プランと税金対策』(学研パブリッシング)など。

欠陥マンションを購入してしまわないための方法!築10年以上、杭の「ない」物件…のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事