NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

誤解だらけのQBハウスの世界戦略 プロ養成徹底、出店地域の価格引き下げ…

文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント
【この記事のキーワード】, ,

転変するQBハウスの資本

 キュービーネットは投資資本の間を転々としてきた。06年に小西氏から同社の74%株式をオリックスが30億円で購入し、同氏はこれを機に退任した。オリックスは78%まで取得した後、10年に至りジャフコに約100億円で売却し、ジャフコは残りの株式も取得した。14年末に今度は投資ファンドのインテグラルがジャフコから購入するのだが、その時の価格がまた約100億円だとされる。インテグラルは当時スカイマーク救済に奔走していたのだが、一方でキュービーネットの経営も手がけていたわけだ。

 気になるのは、ジャフコが取得した価格からインテグラルに転売された価格が増大していないことだ。投資ファンドがエグジットする場合、ハイ・リターンを求めるのが通常なので相対での譲渡で企業価値の向上が認められなかった、ということになる。また、オリックスもジャフコもIPO(上場)というエグジットの道を選択せず、他ファンドへの2次譲渡としてしまった。

 上場は果たしていないものの、キュービーネットの業績は悪くない。15年6月期の年商は150億円で前年比8%の伸びで、利益もしっかり出ている。年商でみると、阪南理美容社(365億円)、アルテサロン(168億円)に次ぐ業界3位である。ちなみに、このランクからもキュービーネットはブルー・オーシャンの事例ではないことがわかる。

「3年後までには250店を増やし、国内600店、海外150店としたい」(同社松本修管理本部長)とし、同業上位他社より海外志向が強い。「ビジネス・モデル的には創業時から変わっていない」とも松本氏はしているが、「北野社長体制で引き続き力を入れていくのが、ヒト、特にスタイリストの養成で、サービス業で人手不足の時代となっていることから、ヒトの確保と養成が当社の成長を決める」との認識を示した。

 国内でも成長余地はあるだろうが、日本発祥のサービス形態が海外でもどれだけ大きく育っていけるのか、私はそちらのほうに注目していきたい。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)

『間違いだらけのビジネス戦略』
(山田修、クロスメディア・パブリッシング、1,706円)

出版記念プレゼント

大塚家具の親子ゲンカ
ヤマダ電機の大規模店舗閉鎖
マクドナルドの絶不振
スカイマークの経営破綻
スタバ、味の目隠しテストで最下位
セブン&アイ、イトーヨーカ堂を売り払え

本サイトでアクセス・ランキング上位常連の人気記事が1冊の本に! 話題になったビジネス・シーンを辛口で振り返る痛快評論。アクセス数が多かった記事を厳選!
・出版を記念して著者サイン入り初版本を抽選で5人にプレゼント!
・応募者全員を、出版記念セミナー「間違わない戦略はこう創れ!」(1月27日(水)都内)に優待先行案内。

応募方法:
1.下記を記入
『間違いだらけのビジネス戦略』読者プレゼント希望
氏名:
メールアドレス:
2.応募先URLまで
present@keieisha.jp(株式会社 経営者JP:『間違いだらけのビジネス戦略』BJ5冊プレゼント係)
3.〆切り:2015年11月末日
当選発表:当選者への同書発送による。

誤解だらけのQBハウスの世界戦略 プロ養成徹底、出店地域の価格引き下げ…の画像3撮影=キタムラサキコ
●山田修(やまだ・おさむ)
ビジネス評論家、経営コンサルタント、MBA経営代表取締役。20年以上にわたり外資4社及び日系2社で社長を歴任。業態・規模にかかわらず、不調業績をすべて回復させ「企業再生経営者」と評される。実践的な経営戦略の立案指導が専門。「戦略カードとシナリオ・ライティング」で各自が戦略を創る「経営者ブートキャンプ第12期」が10月より開講。1949年生まれ。学習院大学修士。米国サンダーバードMBA、元同校准教授・日本同窓会長。法政大学博士課程(経営学)。国際経営戦略研究学会員。著書に 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』、『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』(共にぱる出版)、『あなたの会社は部長がつぶす!』(フォレスト出版)、『MBA社長の実践 社会人勉強心得帖』(プレジデント社)、『MBA社長の「ロジカル・マネジメント」-私の方法』(講談社)ほか多数。

「有限会社MBA経営 公式サイト」
http://senryaku.p1.bindsite.jp/
「山田修の戦略ブログ」
http://yamadaosamu.blogspot.com/

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合