歌やダンス、舞台やバラエティ番組など、あらゆるエンターテイメントに挑戦し続けるジャニーズにとって、俳優としての才能は重要な資質のひとつだろう。演技力に優れたメンバーは、映画において活躍し、ときに優れた作品にもその足跡を残している。その役どころには、当時のスタンスやポジションが色濃く反映されており、ジャニーズファンにとっては興味深いところだ。そこで本稿では、ジャニーズメンバーが主演を務める3本の映画を紹介するとともに、その役どころからそれぞれのキャリアに迫りたい。

 kis-My-Ft2・玉森裕太にとって、初主演の映画となるのが、11月21日から公開されている『レインツリーの国』だ。同作は、有川浩の同名小説が原作となった作品で、『図書館戦争』シリーズに連なる恋愛ストーリー。玉森裕太は主人公・向坂伸行として、ブログをきっかけに知り合った難聴の女性・人見利香(西内まりや)と、儚くも美しい純愛を育む。

続きはこちら

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ