NEW
「もう結婚に恋愛は要らない! ~恋愛しない若者たち」 第7回

「こんな夫と結婚しなければよかった…」 妻が夫に幻滅するダントツの原因はこれだ!

文=牛窪恵/マーケティングライター、世代・トレンド評論家、有限会社インフィニティ代表取締 編集=平澤トラサク/インフィニティ
【この記事のキーワード】

, , ,

 さらに、女性誌「CREA」(文藝春秋)が11年に行った調査によると、25~39歳独身男性の9割以上が「未来の妻にも働いてほしい」と希望、結婚後の妻に「稼ぎ力」や「男子力」を求める男性も増えている様子が顕著になった。

 一方の女性はというと、実はこちらも男性に稼ぎを求めるだけではない。

 国立社会保障・人口問題研究所の11年の調査によると、「結婚相手(未来の夫)の『家事力』を重視する」と答えた18~34歳の未婚女性は62%。さらに驚くことに、これは「経済力を重視」との回答より、20ポイントも多い。

「こんな夫と結婚しなければよかった…」 妻が夫に幻滅するダントツの原因はこれだ!の画像3出典:国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(独身者調査)」 2011年

 つまり現代の結婚では、夫には「女子力」、妻には「男子力」が必要とされているといえる。結婚前の恋愛段階で、いくら男性に「男性らしさ」を、女性に「女性らしさ」を求めても、結婚後にはあっという間に求める要素が逆転してしまう。実は、これが結婚後のパートナーへの不満にもつながっているのだ。

 たとえば先日、筆者があるビジネス誌と行った調査でも、「生まれ変わっても今の夫と結婚したい」と答えた20~40代前半の既婚女性は、わずか4割強しかいなかった。逆に半数以上は、「別の男性がいい」と答えた。同じ調査で、「結婚生活で、夫に幻滅したこと」との問いに対するダントツの回答は「家事・育児において役に立たない」だった。つまり、結婚後に露呈した夫の女子力のなさが、妻に「こんな夫と結婚しなければよかった」と感じさせていたのだ。

連帯結婚の制度化の検討を

 これらを鑑みても、恋愛と結婚は元来、相容れないどころか相反するもので、極端に言えば「混ぜるなキケン」なのである。

 そんな今こそ恋愛結婚の幻想から解放され、もっと現実的な「連帯結婚」を目指すべきではないだろうか。

 同時に大人たちも、そろそろ「男は稼いでなんぼ」「女は家事・育児ができて当然」といった旧来型の価値観を見直し、若者の連帯結婚を後押しする制度(同棲婚や事実婚などを受け入れる法整備、サポート体制など)を真剣に考えて実行すべき時期だろう(前回記事参照)。

 なぜなら、「結婚は、恋愛結婚が当たり前」「若者は誰もが異性に惹かれて、恋愛、交際して結婚するもの」といった価値観は、昭和のほんの短い間だけに通用した“幻想”であり、すでにその賞味期限は切れてしまったのだから。

 次回は、フリースタイルの結婚を後押ししない今の日本に焦れて、「もう夫はいらない。子どもだけ欲しい」と、極端な方向に向かってしまう、イマドキの女性たちのちょっと怖い実例をご紹介しよう。
(文=牛窪恵/マーケティングライター、世代・トレンド評論家、有限会社インフィニティ代表取締 編集=平澤トラサク/インフィニティ)

top_ushikubo1030.jpg

●牛窪恵(うしくぼ・めぐみ)
マーケティングライター、世代・トレンド評論家、インフィニティ代表取締役。1968年、東京都生まれ。日本大学芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社。その後、フリーライターとして独立し、国内外で行動経済(心理)学を学ぶ。2001年4月に、マーケティングを中心に行うインフィニティを設立。『所さん!大変ですよ』(NHK総合)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列)ほかでコメンテーター等を務める。トレンドやマーケティング関連の著書が多数あり、「おひとりさま(マーケット)」(2005年)、「草食系(男子)」(2009年)は、新語・流行語大賞に最終ノミネートされた。近著は『恋愛しない若者たち』(ディスカヴァー21)。

情報提供はこちら
『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』 恋愛至上主義の終焉と結婚の危機! 恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合