NEW

最高級の和牛が百円台!超人気の立ち食い焼肉がスゴい!しつこく注文急かす店員…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4坪の店内はかなり狭く、女性店員に促されるまま、カウンター下の荷物フックにバッグをかけて顔を上げると、間髪入れずに「ドリンクは何にされますか?」と聞かれた。「え? じゃあ……烏龍茶で」と告げると、立て続けに肉の注文を聞いてくる。

 正直、まだ何も決めていなかったが、カウンターの中に掲げられた木札のお品書きを一瞥し、金額の安いほうからマルチョウ1(2切れ)、豚肩ロース1、バラ山1を注文した。

 食べながら追加で注文するつもりだったが、「お肉も一度に頼まれたほうが……」と促され、仕方なくイチボ、シンシン、ザブトンを続けて注文する。回転率を上げるためだと思われるが、正直、慌ただしさは否めない。

少なからず存在する「おひとりさま」


 気を取り直して客を観察すると、筆者の左隣が女性3人組で、右はサラリーマン風の2人組だ。店の構造上、すべての客を確認することはできないが、並んでいる時に女性が1人で出てきたので、やはり男女ともに少なからず「おひとりさま」はいるようだ。

 一方、店内の狭さとは対照的に、店員がカウンターの外に1人、カウンターの中に4人もいる。「いくらなんでも、店員が多すぎではないか」という気もするが、それぞれの店員は自分の前の客に肉の説明をしている。カウンター内を自由に動き回ることができない、狭小店舗なりのオペレーションなのだろう。

 筆者に対しても、目の前の店員からタレの説明があり、さらに「メニュー表の100円から左(100円以上)のメニューは、すべて塩が振ってあるので、そのまま食べていただけます」との説明があった。

 そうこうするうち、まずはマルチョウが出てきた。個々に割り振られたロースターにマルチョウ2切れを乗せ、焼き上がりを待つ。頃合いを見て薄味のタレをつけ、口に持っていこうとした瞬間、「できれば、そのまま食べたほうがいいですよ」とカウンターの外の店員に声をかけられた。内心、「食べ方くらい好きにさせてよ。普通、マルチョウはタレでしょ?」と思いながら、タレなしとタレありを食べ比べてみると、確かにタレなしのほうがはるかにおいしかった。

 それから豚肩ロース、バラ山と続き、イチボ、シンシン、ザブトンには小皿の柚子胡椒がついてきた。これらはそれぞれA4、A5ランクの肉だけあって、さすがにおいしい。タレなどつけなくても、肉のほのかな甘みや肉そのもののジューシーな旨みが口中にジュワッと広がる。

最高級の和牛が百円台!超人気の立ち食い焼肉がスゴい!しつこく注文急かす店員…のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、治郎丸焼肉立ち食いの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事