NEW

トンデモ国家・中国、個人の預金が突然消失する事態続出!被害総額は数兆円か

取材・文=棟方笙子
【この記事のキーワード】, ,

「報道によれば、被害者たちは皆、仲介者から『この信用社に預金すれば、銀行の規定外の利息が受け取れる上に高い配当を得られる』と薦められていたことがわかっています。中国ではこれを『貼息存款(預金額に応じて個人と銀行の間でやりとりされるグレーなお金)』といい、主に農村部で行われ、昨年頃まで黙認されてきた。企業に高利で貸し出し、個人に高利で預金させる方法で、一種の『理財』です。農村信用社は各省・各市にあり、預金獲得のため、かなり無茶な利率を提示していたところもある。今回の事件は銀行ぐるみの損失の補填なのか行員の個人的な詐欺行為なのか、まだわかりませんが、中国全土の農村信用社で数兆円規模の預金がすでに消えているとの情報もあり、政府がうまく処理できなければ、農民の反乱、ひいては共産党崩壊につながりかねない」

 10年時点で、全国の農村信用社の預金残高は4214億元(約8兆4000億円)に上っている。その一部が消えたとなると、厳しい生活を強いられている農民や内陸部の貧困層は黙っていないだろう。
(取材・文=棟方笙子)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合