NEW

東芝不正で処分の新日本監査法人、解体の可能性も…会計士引き抜き争奪戦が加熱

文=伊藤歩/金融ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,


 今回の処分は監査の実務に携わる会計士にとって他人事ではないはずだ。不正の気配を感じ取ることはさほど難しいことではないだろうが、そこから先、抵抗する会社側を論破できるだけの証拠を掴むハードルがいかに高いか、監査の実務に携わっている会計士自身が最もよくわかっているはずなのに、明日は我が身という自覚をなぜ持てないのか。

 不正リスク対応基準が導入された際も、監査役との連携など、きれいごとに近い方法論が提示されただけで、不正発見のノウハウに乏しい会計士が全体の大半を占める現状をどう解決するのかは議論されないままになっている。

 大手監査法人がこの有様では、早晩同じ過ちが繰り返されることは間違いないだろう。
(文=伊藤歩/金融ジャーナリスト)

関連記事