NEW

スローフードが地方経済を救う? イタリアやフランスに学ぶ、食で経済を活性化させる方法

【この記事のキーワード】, ,

 本書では他にも、フランスで「豊かな言葉で地元の食材の魅力を語れる人材」を育てることを目的に行われている「味覚の講座」という教育法も取り上げている。そして、イタリアとフランスの例を通して著者が投げかけるメッセージは、「人への投資によって、地域の個性を作ることこそが、経済も含めた地域活性につながるのではないか」というものだ。

 そして、まだ実験段階とはいえ、「食環境ジャーナリスト」「食総合プロデューサー」といった肩書を持つ金丸さんは、これら海外事例のフィールドワークを通じて得た知見を日本へ応用することに取り組み始めており、本書ではその事例もいくつか紹介されている。「食」から地方創生を考えるという意味で、示唆に富んだ一冊といえるだろう。
(新刊JP編集部)

関連記事

関係者全員がハッピーとなっている!? その後の「里山資本主義」
経済再生は過疎の町から始まる? キーワードは「里山」だ
やっぱり過酷? でも楽しい? 貧乏漫画家が体験した田舎暮らしのリアル
街歩きを楽しむための「地形図」を読む技術

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合