NEW

【SMAP解散】「辞めなさい」…メリー副社長、飯島マネへ違法な退職強要該当の恐れ

文=編集部、協力=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役・弁護士
【この記事のキーワード】

, , , ,

中居正広もメリー氏に慰謝料を請求できる?

 では、仮に飯島氏の退社が「退職強要」の末の「解雇」によるものだったとしたら、飯島氏側がなんらかの対処をすることは可能なのだろうか。

「『解雇』には『普通解雇』と『懲戒解雇』がありますが、法律上『解雇』するには条件がとても厳しく、それらの条件を満たさない場合は『不当な解雇』として、解雇の撤回や損害賠償請求を行うことができます」(同)

 また、メリー氏は前述のインタビューで、SMAPについて「SMAPは踊れないじゃないですか。踊れる子たちから見れば、踊れません」と自社のタレントを批判するような発言もしている。一部報道によると、特に中居はその発言にショックを受け、独立志向を強めたことが今回の騒動につながったともいわれる。

 ダンスの実力は折り紙つきで、プライドもあったであろう中居にしてみれば、まさかの低評価は屈辱的だったと思われる。仮に、同発言で精神的苦痛を受けた中居が事務所を退社した場合、メリー氏の法的責任は問われないのだろうか。

「中居さんの場合、労働法が適用される『労働者』ではなく、ジャニーズ事務所からタレント業務の依頼を受けた『受任者』になると考えられるため、『労働者』を守るべく立法された各種の労働法が適用されることはありません。もっとも、メリー氏の言動により、法的な意味において(受忍の限度を超えた)精神的な苦痛を受けたのであれば、慰謝料請求を行うことができると考えられます」(同)

 泥沼化しそうなこの騒動がどんな決着を見せるのか、日本中が注目している。
(文=編集部、協力=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役・弁護士)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合