NEW

「老後破産」の不安はこれで解消! 欲望のままに生きてもお金は貯まる!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家は50代で手放す

 人生で最も大きな買いものであるマイホーム。佐藤さんは「50代から60代でマイホームを手放すことを考えてみて」と提案します。

 子どもの成長を考えて買った家も、子どもが独立したら使い勝手が悪くなります。老人二人では広い家を維持できず、急な現金化もできません。家を売るには気力も体力も必要です。「住む家はあるが現金はない」という生活よりも、暮らしに合わせ家もサイズダウンし、現金を手元に置いたほうが現実的だと言います。

 つまり、佐藤さんが本書で訴えているのは、「わからない老後に不安がるよりも、将来何が起きても対処できる、対応力を身につけておこう」ということです。

 お金がなくても安い住まいはある。それ相応の生活をし、そのことをみじめだと思わない感性を身につけ、豊かな人間関係を築くことが現役時代の課題。そして、保険や家といった「すぐ現金化できない財産」ではなく、現金の預金をふやすため、きちんとしたお金の知識も身につけておきましょう、ということです。

 「で、何をすればお金が貯まるの?」という人には、向いていない本かもしれません。しかし「自分はどういう老後を送りたいか」を考え始めた人にとって、必読の書となるでしょう。
(新刊JP編集部)

関連記事

老後にかかるお金は2500万円! 30歳からのお金の貯め方
年金減額は他人事じゃない!定年までに必要な貯蓄額
現役銀行員が明かす「節約せずに2000万円貯めるコツ」
あなたの家の預金総額、知ってますか?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

「老後破産」の不安はこれで解消! 欲望のままに生きてもお金は貯まる!?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事