紺やなどのはっきりした色は「意志の強さや自信」を伝える効果があり、男性と男性が交渉する際にはプラスに働きます。ただ、女性が男性にプレゼンテーションする際に紺や黒の服を着ていると、強気すぎる印象となり煙たがられてしまうことも。その点、パステル系の色は物腰の柔らかさを連想させ、余計な衝突をすることなく、男性の懐にスッと入る上で最適な色といえます。

■「黒」が持つパワーをフルに生かすには

 ビジネスシーンにおいて、「黒」は何かと使い回しがきく便利な色。色づかいについて散々迷った挙句、「無難な色を…」と黒を選んだ経験はありませんか? でも、黒をそういう消極的な使い方で終わらせてしまうのはもったいない。私たちが思っている以上に、「黒」には多くの力が秘められています。

 たとえば、黒は「謙虚さ」を象徴します。相手に対してへりくだるシチュエーション……得意先を接待するときや、先輩から研修を受けるときなどには、「黒」がうってつけ。相手に好印象を与えることができます。

 ちなみに「完璧なへりくだりスタイル」を作り上げたいときは、「無地の黒スーツ+白シャツ+紺のネクタイ」という組み合わせが最適だそう。覚えておけばいざというときに役立ってくれるはずです。

 本書では他にも、「ヒールの高さ」「ネクタイの太さ」「柄モノの取り入れ方」「スーツの素材」などで相手への印象を変える秘訣を教えてくれます。

 モノを選ぶ目に自信がないと、服もカバンもアクセサリーも買った後で堂々と着こなせません。その意味で、本書は「見る目に自信がない人」にとって教科書になってくれるはずです。
(新刊JP編集部)

関連記事

「オヤジ肌」があなたの評価を下げる!男の見た目と年収の関係
外資系企業の面接で嫌われる『見た目』
ファーストクラスの乗客は見た目でわかる
自分に自信が持てる外見を作る方法

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ