NEW

SMAP解散騒動、ジャニーズの横暴露呈で批判爆発「テレビ局も逆らえない…」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スポーツ紙の芸能記者は明らかなポジショントークとはいえ、取材をして記事を書いています。一方で、テレビ局の姿勢には呆れます。スポーツ紙に赤線を引きそのまま読み上げ、街の声を拾い、コメンテーターが毒にも薬にもならない感想を言うだけ。独自取材はまったくしない。『勝手なことをしたら、番組に出演するジャニーズ所属タレントを引き上げられてしまう』という空気が出来上がっている。これでは、公共の電波を使って『テレビ局はジャニーズに逆らえません』と言っているようなものです。影響力の大きなテレビがジャニーズ寄りのスポーツ紙記事をそのまま紹介し、瞬く間に木村拓哉にはポジティブイメージが、中居正広ら4人にはネガティブなイメージが形成されるのです」

テレビの責任

 かつてスターだった田原俊彦がジャニーズ事務所を去ると、号令がかかったように突如としてマスコミは一斉に田原へのバッシングを開始し、悪いイメージが形成されていった。それほど、ジャニーズのメディア操作はうまくいった。テレビ局関係者が語る。

「インターネットメディアが発達した今、旧来のやり方は通用しなくなりつつあることも確かです。実際にネット上には、メリー喜多川副社長をはじめとするジャニーズのやり方に疑問や批判を唱える声が溢れかえっています。さらに、ファンからも同様の声がテレビ局にも多数寄せられています。SMAPはメリーさんの論理に振り回されているだけ。本来、解散する、しないはメンバー本人たちが決めること。こんな当たり前のことが通用しない芸能界はますます魅力的に思われなくなるし、そんな芸能界の権力者におもねることしかできないテレビはますます見られなくなりますよ」

 一見ジャニーズの勝利で決着したかのようにみえる今回の騒動だが、メディアとジャニーズの関係性に少なからぬ影響を及ぼしたのかもしれない。
(文=編集部)

SMAP解散騒動、ジャニーズの横暴露呈で批判爆発「テレビ局も逆らえない…」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事