NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

中国、海外企業を爆買い…異次元の巨額投資に「重大な不安」、瀕死の日本勢から覇権奪う?

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,


 その上、中国人は「もっと儲かる仕事」を目指して、すぐに転職してしまうという事情もある。そのため、中国で百人規模の技術者を揃え、チームワークを形成して半導体や液晶の開発・生産を行うのは非常に難しいことなのだ。このような事情があるからこそ、中国の紫光集団は、海外の半導体企業を技術者込みで爆買いしているのである。

 したがって、UMC、TSMC、BOEの新工場での開発や生産のためには、チームワークが取れる優れた技術者の確保が最重要課題である。そのために、中国人以外、すなわち台湾、韓国、日本、欧米人などをヘッドハントするしかないと考えられる。

 果たして、中国で建設ラッシュが起きている半導体工場や液晶工場は成功するだろうか。今後の動向に注目したい。
(文=湯之上隆/微細加工研究所所長)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ