NEW

亡くなった人にも住民税は発生する――最愛の人を亡くした時にしなければいけないこと

【この記事のキーワード】, ,

 こうなると、葬儀まで遺体をどこに安置するかという問題が生まれます。葬儀社の安置所や、斎場の安置所などをすぐに確保しないといけません。葬儀社が決まっていない場合は、「遺体用ホテル」という安置のための施設もできているため、選択肢の一つに入れておくといいかもしれません。

 ここで紹介したことは、家族など親しい人が亡くなった時にやらなければいけないことのごくごく一部。実際には年金や住宅ローン、保険など各分野で様々な手続きが必要になります。本書ではそれらの実情について詳しく解説されているとともに、大切な人の人生をよりよく幕引きするために、自分にどんなことができるのかという点についても、斉藤さん自身の経験を元にアドバイスを与えてくれます。

 生きているうちから身近な人の死を考え準備しておくことは不謹慎なことではありません。やがてくる時に備えて、起こりうることややるべきことを整理しておくことは、大切な人をいい形で見送るための優しさなのです。
(新刊JP編集部)

関連記事

あと5年で死ぬとしたら、あなたは何をしますか?
もし明日死ぬとしても、人生に後悔はないと言えますか?
君にはもうそんなことをする時間はない
「売れたから芸能人と付き合う」ゲスの極み・川谷は責められて然るベッキー?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合