NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

間違いだらけのインフルエンザワクチン予防&対処法…検査陰性でも実際は感染多数

文=新見正則/医学博士、医師
【この記事のキーワード】, ,

 まず、インフルエンザ感染か否かを調べる簡易キットを使い、10分ぐらいを要する検査で診断をします。しかし、この検査はインフルエンザの感染初期では陽性が出ません。また、実際には感染していても6割ぐらいの陽性率と言う先生もいます。つまり、キット検査では陰性でも、インフルエンザ感染かもしれないのです。

 そして抗インフルエンザ薬は、感染後2日以内に投与しないと効果がないため、簡易キットで陰性と出ても、臨床的にインフルエンザ感染と医師が判断すれば抗インフルエンザ薬の投与を勧めるのです。そうであれば、インフルエンザの簡易キットの検査は不要ともいえます。

 一方で、インフルエンザに罹っても自分の免疫力でインフルエンザを退治できる人もいます。またインフルエンザワクチンのお陰でインフルエンザ感染が軽症化しますので、症状が激烈でなければ、自宅で静養するという極論君の発言が実は最良の選択肢ということもあり得ます。

 非常識君は西洋薬が嫌いなようです。確かに漢方の麻黄湯にインフルエンザ感染を防止したり、また症状を和らげる効果もありますが、漢方だけに頼ることは賢い選択肢とは思えません。頭痛や関節痛や高熱、鼻水などには西洋薬剤がやはり有効で切れ味が良いのです。そして抗インフルエンザ薬のような直接インフルエンザウイルスを撃退する作用は、漢方にはありません。

 つまり、いつもの風邪と変わらない症状であれば、極論君が言うように自宅で静養することもいいでしょう。そして、風邪であれインフルエンザウイルスであれ、感染の初期には非常識君が言うように麻黄湯も有効です。そして自分の免疫力でインフルエンザを撃退することも可能です。

 しかし、いつもの風邪とは違う症状であきらかに重篤と感じるときは、ぜひとも医師の診察を受けましょう。インフルエンザ感染を早期に終了させる抗インフルエンザ薬や、症状を緩和する薬剤はいろいろと揃っていますから。常識君の発言を基本として、非常識君や極論君の意見も参考にして、そしてなにより相談できる主治医を日頃から決めておきましょう。
(文=新見正則/医学博士、医師)

●新見正則(にいみ・まさのり)
1959年生まれ
1985年 慶應義塾大学医学部卒業
1985年~ 慶應義塾大学医学部外科
1993年~1998年 英国オックスフォード大学医学部博士課程
1998年~ 帝京大学医学部外科に勤務

幅広い知識を持つ臨床医で、移植免疫学のサイエンティスト、そしてセカンドオピニオンのパイオニアで、モダン・カンポウやメディカルヨガの啓蒙者、趣味はトライアスロン。著書多数。なお、診察希望者は帝京大学医学部付属病院または公益財団法人愛世会愛誠病院で受診してください。大学病院は紹介状が必要です。

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合