NEW

「日本の投資信託はゴミ箱」!? 証券会社のセールストークに乗らない資産運用法

【この記事のキーワード】, ,

 たとえば、100万円で買った株が、NISAの非課税期間が終わる5年後に80万円まで値下がりしてしまった場合。ここで売却すれば問題は起こらないが、「これから値上がりするかもしれないからまだ持っておこう」となった時はNISAの口座から一般の口座に移す必要がある。

 そして、ここが重要なのだが、この際は「口座の中身をそのまま移動」するのではなく、「80万円で新規に株を買い直した」扱いになるのだ。そのため、その後持ち株が100万円に戻った時に売却したら、本当なら「100万円で買った株を100万円で売って利益は0」のはずなのに、「80万円で買った株を100万円で売って20万円の利益を得た」ことになってしまう。そして、この20万円には20%の税金がかかる。

 もちろん、非課税期間の5年間のうちに利益を出せばこんなことにはならないが、たとえば株の売買で儲かっている人は全体の1割から2割。それを考えるとNISAをやることで余計な税金を払う人は多いのではないかと、本書では指摘されている。

 こうした落とし穴やワナが「不動産投資」にも「生命保険」にも、日本で流通しているあらゆる投資商品に存在するとして、本書ではそれらから自分の資産を守り、賢く増やしてゆく投資手法を明らかにしている。

 目標は「1億円の資産を作り、年利5~7%で運用する」こと。普通の勤め人がこの目標をいかにクリアするか。資産運用をこれから始めたいという人は、素人を簡単に飲み込む投資の世界の実情を知るためにも一読してみるといいかもしれない。
(新刊JP編集部)

関連記事

個人への課税強化で不動産投資がもうからなくなる?
ブスの借金、キレイな借金って何?
高年収のビジネスパーソンに5つの共通点
大学時代に“1万冊の本”を読んだビジネスパーソンの正体

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合