ただ「財政的に支援するならトップには責任を示してもらう」(自動車メーカー役員)と、タカタの高田重久会長兼社長の辞任を求める声はある。タカタは1月29日に開いた自動車メーカーに対する説明会合に関するコメントで、「会長兼社長の辞任に関する報道があったが、現時点で辞任する意向はない」としている。

 当面は、エアバッグの不具合の原因について、タカタや自動車メーカーが調査を要請している第三者機関などの調査結果待ちの状態が続く見通し。膨らみ続ける潜在的な負債を抱えたタカタの先行きを、世界の大手自動車メーカーも注視している。
(文=河村靖史/ジャーナリスト)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事