NEW

ペット用犬を狭いケージで糞尿処理せず乱繁殖、ショップで売れ残りは廃棄…ペット業界の闇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペットショップではかわいい子犬の人気が高いが、成長してもなお売れない犬は、値下げされ投げ売りされる。それでも売れないと捨ててしまう店もある。また、仔犬のうちに買われても、飼い主もその責任や生涯飼育の大変さを認識せず安易に買った場合、生活や住環境の変化により捨てる無責任な例も後を絶たない。もちろん、こうしたペットショップや飼い主の行為は動物愛護法違反であるが、現実的に取り締まりは困難である。

劣悪な環境で繁殖

 そして、さらに悪質な例もある。「パピーミル」といわれる、劣悪な環境で動物を繁殖させる悪徳ブリーダーだ。実際に埼玉県のあるブリーダーは、人気犬種を繁殖犬として身動きが取れないほどの狭いケージに閉じ込め、最低限の餌と水しか与えず、さらには糞尿の処理もせず何年も繁殖させている。

 この乱繁殖は遺伝的疾患の蔓延という問題を引き起こしている。何十匹のうち一匹だけ生まれる毛並みのいい障害のない犬だけがペットショップに高値で卸され、そのほかは捨てられたり飼い殺しにされたりする。動物愛護法では飼い主が決まっていない動物も対象であり、違法行為に該当する可能性がある。

 これまで人間がペットを傷付けても、刑法ではせいぜい器物損壊罪が成立し得る程度だった。その状況を改善すべく、議員立法によって動物愛護法が成立した。しかし、前述のとおり実効性の乏しい法律であるため、悪徳なペットショップやブリーダーの取り締まりにはつながっていない。

 ペットの購入を検討している人は、飼育には責任が生じることを認識すべきである。そして、購入しようとしているペットショップは、本当に「命」を大事にしている店なのか、また、そのペットショップが悪徳ブリーダーと取引をしていないかを注意すべきである。

 ペット里親会などペットの保護に携わる関係者は、悪徳ブリーダーの存在を知っている。ペットショップは自店にペットを卸しているブリーダーを明らかにすべきである。また、シェルターなどで保護されている動物を家族に迎えるという選択肢も考えてはいかがだろうか。
(文=関村泰久/ジャーナリスト)

ペット用犬を狭いケージで糞尿処理せず乱繁殖、ショップで売れ残りは廃棄…ペット業界の闇のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事