【不思議サイト トカナより】

blackhole.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 アインシュタインがその存在を予測した重力波を、1世紀という長い月日を隔てて今月11日、カリフォルニア工科大学やマサチューセッツ工科大学の研究者らが重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」を用いて実際に観測することに成功した。地球から数十億光年離れた場所で相異なるブラックホールの衝突によって、時空のゆがみが発生しているのが観測されたのだ。

 まだまだ多くの謎に包まれているブラックホールであるが、もし地球がブラックホールに吸い込まれてしまったらどうなるのであろうか? その疑問に関して科学者たちは実に興味深い推測をしている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ