NEW
宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

「高血圧」のまやかし…低すぎる基準はデタラメ?降圧剤は脳梗塞や認知症のリスクも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 脳梗塞は、脳の血管に血栓が詰まって、その先の組織に酸素や栄養が行かなくなり、さまざまな障害が生じる病気です。酸素や栄養が届かずに壊死した組織が軟らかくなるため、ひと昔前は「脳軟化症」と呼ばれていました。

 脳梗塞の発生割合は、1960年代には脳卒中全体の13%程度でしたが、食生活の欧米化などの影響を受けて増え続け、現在は脳卒中全体の84%を占めています。

 脳の血管に血栓ができること自体はよくあることで、これが即、脳梗塞につながるわけではありません。血栓ができても、人の体は血を送り出す圧力を高めて血栓を押し流すことができるからです。血栓ができると血圧が高くなるのは、そのためです。

 しかし、降圧剤で無理に血圧を下げてしまうと、血栓を押し流せなくなってしまいます。そうなると血栓が居座って肥大し、血管を完全に詰まらせてしまいます。その結果、脳梗塞が起こりやすくなるのです。

 降圧剤を常用している高齢者は、脳の血の巡りが悪くなるため脳内に酸素や栄養が行き渡らず、その結果、脳血管性の認知症になる可能性があります。

 降圧剤の服用者でお酒をよく飲む人は、意識障害のリスクもあります。アルコールが入ると血圧が低くなりますが、降圧剤を服用していると相乗効果となって、さらに血圧が下がりすぎることがあるからです。家の中でなら、ふらついてもさほど問題は起きませんが、冬場に交通量の多い路上などで意識をなくしてしまったら大きな事故につながりかねません。

 降圧剤の服用者は、入浴時の溺死にも注意が必要です。湯船に入ると一気に血圧が上がりますが、そのあとはどんどん下がってきます。血圧が下がると居眠りをしやすくなりますが、特に降圧剤を服用している人は下がりすぎて意識障害が起きる可能性が高くなります。あまり知られていませんが、日本で入浴中に死亡する人は約2万人もいるのです。これは、全国の交通事故死者の約5倍に当たり、浴室での意識障害を甘く見ることはできません。

 このように、降圧剤は血圧が下がりすぎるリスクもあることを知ってください。医師に勧められたからといって、深く考えずに飲み始めるのは考えものです。要注意なのは、「ちょっと血圧が高めなので、降圧剤を飲んだほうがいいでしょう。弱いお薬なので、安心して服用できます」という医師のセリフです。

 最高血圧が「年齢+90」程度で降圧剤を飲む必要があるかどうか、ご自分の体の声をよく聴いて、ご自身でどうするかを考えてください。もしかしたら、降圧剤を飲むという行為が、認知症を招くことになるかもしれません。
(文=宇多川久美子/薬剤師・栄養学博士)

●宇多川久美子 薬剤師として20年間医療の現場に身を置く中で、薬漬けの治療法に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。現在は、自らの経験と栄養学・運動生理学などの豊富な知識を生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に、薬に頼らない健康法を多くの人々に伝えている。『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)、『薬が病気をつくる』(あさ出版)、『日本人はなぜ、「薬」を飲み過ぎるのか?』(ベストセラーズ)など著書多数。

『それでも薬剤師は薬を飲まない 』


ベストセラー『薬剤師は薬を飲まない』の待望の続編

amazon_associate_logo.jpg

『薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法』


健康のために何かを「する」ことで、不健康になるのはなぜ?「足し算」ではなく「引き算」の発想が、健康と幸せを引き寄せる!ベストセラー『薬剤師は薬を飲まない』『薬が病気をつくる』の著者がやさしく解説する。運動、食事、日常の小さな習慣―51の「やめる」で自然治癒力を高める方法。

amazon_associate_logo.jpg

「高血圧」のまやかし…低すぎる基準はデタラメ?降圧剤は脳梗塞や認知症のリスクものページです。ビジネスジャーナルは、連載、心臓病脳梗塞降圧剤高血圧の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事