NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

ジョギングや筋トレは体に害? 1日30分「徒歩」で寿命が延びる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

散歩がお勧め


 そうすると、やはり非常識君の主張のように、運動はしないほうが実は安全なのかもしれません。ここで大切な視点は、運動やスポーツは体のためというよりも、気持ちがいいこと、つまりストレス解消の効用があることです。みんなでがんばる集団スポーツも、個人でタイムやスコアを向上させるスポーツも、また自分の筋力をアップさせる筋トレも、適切に行うと本当に気持ちがいいものです。

 そして運動が苦手な方も、ぜひ散歩は行ったほうが健康にいいと確信しています。有酸素運動はとても体にいいのです。有酸素運動とは、息を止めずに呼吸をしながら行う運動です。そして、じわーっと汗をかく程度か、そのちょっと手前までの運動であれば、万人が行って問題ないと思います。

 もちろん関節に障害がある人や、体の絶対安静が医学的に必要な人は例外です。しかし、少々体が痛くても、また医学的に適切な安静が必要でも、ずっとベッドに横になっているよりも、可能な限りの散歩は行ったほうが病気の治りもいいといえます。

 運動という言葉にとらわれると、そしてその欠点を挙げると、運動をしないほうがリスクが少ないということにもなります。しかし、適切な運動、特に有酸素運動は健康長寿のため、認知症防止のためにも有効です。

 何事にも適量があります。それを知って運動を行いましょう。お勧めの運動は、毎日30分の散歩です。これも個人差が当然あるのですが、ざっくりとこの数字を記憶しておくと有益です。やっぱり常識君の発言の範囲内で、気持ちがよく、かつ継続して行える運動を探しましょう。
(文=新見正則/医学博士、医師)

●新見正則(にいみ・まさのり)
1959年生まれ
1985年 慶應義塾大学医学部卒業
1985年~ 慶應義塾大学医学部外科
1993年~1998年 英国オックスフォード大学医学部博士課程
1998年~ 帝京大学医学部外科に勤務
幅広い知識を持つ臨床医で、移植免疫学のサイエンティスト、そしてセカンドオピニオンのパイオニアで、モダン・カンポウやメディカルヨガの啓蒙者、趣味はトライアスロン。著書多数。なお、診察希望者は帝京大学医学部付属病院または公益財団法人愛世会愛誠病院で受診してください。大学病院は紹介状が必要です。

ジョギングや筋トレは体に害? 1日30分「徒歩」で寿命が延びる?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ジョギング散歩運動の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事