NEW
小黒一正教授の「半歩先を読む経済教室」

「マイナス金利や異次元緩和により銀行貸出増」は根拠なきデタラメである

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このため、日銀は、マイナス金利政策かマネタリーベース目標のどちらかを取りやめる必要性に迫られる可能性がある。もし日銀がマネタリーベース目標を取りやめる場合、日銀バランスシートの規模が縮小するので、日銀が保有する国債も減少する。その結果、政府部門バランスシートの負債である国債の一部と、日銀バランスシートの資産である国債が、統合政府バランスシートで相殺できたものが減少するため、民間銀行が保有する国債が増加する。

 つまり、国債市場の需給関係が供給増に変化し、国債の価格が下落(=長期金利が上昇)する。このような状況で、政治が財政再建や社会保障改革をしっかり進め、市場の信認を得ることができなければ、財政は厳しい現実に直面するはずである。
(文=小黒一正/法政大学経済学部教授)

「マイナス金利や異次元緩和により銀行貸出増」は根拠なきデタラメであるのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事