NEW
ヘルス・ライフ

脳梗塞や心不全をもたらす危険な不整脈、画期的治療法が保険適用…一気に利用しやすく

文=松井宏夫/医学ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,


 高周波ホットバルーン焼灼法は2000年に佐竹副院長が開発。手づくりで医療機器をつくり、改良を重ね、臨床研究を積み重ねてきたのです。昨年放送されヒットした連続テレビドラマ、『下町ロケット』(TBS系)さながらです。これから心房細動の患者が多く救われることは理解できます。それだけに、このような医療機器の開発を、もっと国はバックアップすべきではないでしょうか。そして、より早い開発の道をつくるべきでしょう。
(文=松井宏夫/医学ジャーナリスト)

関連記事