NEW

なでしこジャパン予選敗退。敗因は「勝ち続ける」意志の無さにある

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■目先の勝利が自分を弱くする

 つまり、目の前の勝負に勝つことばかりを意識してしまうと、長期的には成長できず、逆に「負け続ける」ことになる。

 2011年になでしこジャパンがW杯を優勝して以降、そのメンバーはほとんど変わることがなかった。それは、この5年間、目先の勝利を追い続けてきたことを意味している。

 なでしこジャパンは2012年の五輪のあと、目先の勝利を捨ててでも世代交代を図るべきであった。しかし、彼女たちはそれが出来なかった。2014年にアジアカップで優勝しているが、せめてこの時点で負けていれば、ここまで黄金時代のメンバーにこだわらなかったかもしれない。まさに「目先の勝利が長期的な成長を止めてしまった」のだ。

 ウメハラ氏は本書の中でこうも語っている。

“勝ち続けることと、100戦100勝であることは違う”(P36)

 勝ち続けるためには、時には負ける勇気も必要なのかもしれない。

(新刊JP編集部)

関連記事

「当たり前」ができるチームをつくろう!
困難に負けない人の3つの考え方
将来性ナシ?「器の小さい男」5つの特徴
口ゲンカで負けないための7つの方法

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

なでしこジャパン予選敗退。敗因は「勝ち続ける」意志の無さにあるのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事