NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

ジャニーズのグループ名はなぜダサい?隠れた法則性とジャニー社長の神的審美眼&巧妙戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そこに「SMAP」の「Sports Music Assemble People=スポーツと音楽のために集まった人々」、「V6」の「ビクトリーをつかむ」、「KAT-TUN」の「マンガのように先が見たくなる、新しい展開が出てくる」のような、ジャニー喜多川の思いが込められている。

“造語型”の特徴は、「思いを込めた新語」というだけではなく、「KAT-TUN」「Kis-My-Ft2」のように、メンバーのイニシャルを組み合わせたケースが多いこと。造語ならではの“音の違和感”“未来への物語”“メンバーの名前”の三重構造で、「一度覚えたら忘れにくい」インパクトを生み出している。

「AKB48」「ガリガリ君」「お~いお茶」の共通点とは?


 上記2タイプのネーミングパターンに共通しているのは、他グループとのかぶりにくさ。どれも「ストレートすぎる」「独創的すぎる」ため、もし似ている名前のグループが現れたら、すぐに「ジャニーズのマネだ」とバレてしまい、批判は免れない。それだけに、「同じアイドルグループはもちろん、バンドや芸人など、他ジャンルのグループともかぶりにくい」という優位性がある。

 これは、裏を返せば「ジャニーズ事務所が、グループ名をいかに重視しているか」の証拠。実際、どのグループ名も商標登録を済ませているし、もちろんほかの事務所から訴えられる不安はない。このあたりの抜け目なさに、アイドルプロデュース会社としての長い歴史を感じる。

 このところ、若手バンドで「SEKAI NO OWARI」「ゲスの極み乙女。」「キュウソネコカミ」など、「絶対にかぶらない」であろう名前が増えているが、これも「単なる思いつき」「インパクト重視」というだけではなく、権利関係の意味合いも考えられる。

 ただ、いずれも一歩間違えば「ダサい」、もっと言えば「意味がわからない」と感じる人が多いのは事実。しかし、実は、そう思わせることこそが狙いなのだろう。

 人間にとって「ダサい」や「なぜ?」は、心に深く印象付けられやすい要素であり、「なんとなく気になってしまう」、ネーミングの基本といえる方法なのだ。逆に、受け手が「カッコイイ」「納得」と感じるネーミングは、覚えにくく流行り廃りもあるだけに浸透度は低い。

 その事実は、一世を風靡した女性アイドルに目を向ければ一目瞭然。「おニャン子クラブ」「モーニング娘。」「AKB48」は、ほかのアイドルよりも「ダサい」「なぜ?」と感じる名前だった。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

ジャニーズのグループ名はなぜダサい?隠れた法則性とジャニー社長の神的審美眼&巧妙戦略のページです。ビジネスジャーナルは、連載、AKB48SMAPTOKIOジャニーズ事務所ジャニー喜多川関ジャニ∞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事