NEW

芸術と猥雑の間にある、窒息するほどの“性“ーー姫乃たまが『LOVE【3D】』を観て考えたこと

【この記事のキーワード】

【リアルサウンドより】

 友人が席を立つと、私は初対面である彼女の恋人(年上のイラン人)とふたりきりになりました。そして唐突に、「あの子、僕と付き合うまでは“ひとりでしてた”みたいなんだけど、僕とセックスするようになってから、しなくなったんだ」と、自慢げに切り出してきたのです。高校生だった私は、「へえ」とも「はあ」ともつかない声で返事をしながら、女の子が性欲を持て余して自慰をしている事実と、恋人同士が(いまは服を着て涼やかに微笑み合っていても)セックスをしているという事実から、目を背けることができなくなったのです。

 ギャスパー・ノエの最新作『LOVE【3D】』は、恋人同士のセックスシーンで幕を開けます。

続きはこちら

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

芸術と猥雑の間にある、窒息するほどの“性“ーー姫乃たまが『LOVE【3D】』を観て考えたことのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合