NEW
筈井利人「一刀両断エコノミクス」

「個人消費は経済のエンジン役」はデタラメ!GDPは経済の実像を表していない?

筈井利人/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,


 そうだとすれば、政府が個人消費をあの手この手で刺激しても、経済全体を活性化させる効果は期待ほど高くないということになる。むしろこれまでもあったように、消費を先食いするだけに終わり、その後に厳しい反動をもたらすおそれが大きい。

 メディアでは十年一日のごとく、「個人消費は経済のエンジン」といった表現が繰り返されている。こうした先入観にとらわれた報道では、国の経済を疲弊させる政府の浅はかな景気対策を正しく批判することはできないだろう。
(筈井利人/経済ジャーナリスト)

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合