NEW

若者、CD購入という行為消滅の危機…お金を払って音楽を聴くという習慣が消滅か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まい 誰も使ってないっていう。

まき iTunes Cardはもらったら使うけど、自分で買ったりはしないしね。私はだいたい無料で聴けるミュージックアプリで聴いちゃうかな。検索すると曲がヒットして、ストリーミングで聴けるタイプのやつ。

ちなつ あとは普通に(動画共有サイトの)「YouTube」で聴いたりね。

えりな だねー。YouTubeは“再生リスト”があるから、好きなアーティストに関連した曲が連続で勝手に流れるのがいいよね。勉強しながらとか適当にかけてることが多い。

ゆか でも通信制限があるから、外で聴くときは要注意だよね。

かほ 油断してるとすぐ制限かかっちゃう。

えりな だからカフェとか行くときも、絶対Wi-Fi飛んでるかチェックするよね。Wi-Fiポイントはめっちゃ探すね、とにかく。

--ありがとうございました!

 意外と女性アイドルユニット好きのJDが多かったのが印象的。かつてはアイドルファンと言えば大半が男性だったイメージだが、彼女たちの話を聞く限り、女性ファンもかなり増えているようだ。

 また、純粋に「音楽を聴く」という理由でCDを買うケースはほとんど皆無だっただけでなく、iTunesや定額制音楽サービスの利用率も低いことに驚いた。iTunesでさえ彼女たちにしたら“古い”のかもしれない。

 ライブや握手会といった体験型イベントのためにはお金を使うが、ただ音楽を聴くことに対しては、お金を支払う感覚はかなり希薄になっているようである。
(文・動画製作=昌谷大介/A4studio)

若者、CD購入という行為消滅の危機…お金を払って音楽を聴くという習慣が消滅かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事