NEW

スパイダーマンはどう映画化されてきた? 今夜放送『アメイジング・スパイダーマン2』に寄せて

【この記事のキーワード】

【リアルサウンドより】

 近年MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画をはじめとして、アメコミヒーロー映画が隆盛を極めている。その潮流に先鞭をつけたのは、2002年公開からのスパイダーマンシリーズと言って間違いない。

 そんなシリーズのリブート版(仕切り直し)2作目『アメイジング・スパイダーマン2』が、今夜地上波放送に初登場する。同日に上映が開始される『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に合わせた企画だろう。本作の主軸であるアイアンマンやキャプテン・アメリカのシリーズも放送してほしいところではあるが、スパイダーマンシリーズの日本での大ヒットを考慮したら、少なからず納得がいく。もしかしたら、スパイダーマンをクローズアップしたのは、ピーター・パーカー=スパイダーマンの行動が、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のキモになることを示しているのかもしれない。

続きはこちら

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

スパイダーマンはどう映画化されてきた? 今夜放送『アメイジング・スパイダーマン2』に寄せてのページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合