日本が誇る文化にネガティブな印象

 このような「偏見報道」について、アニメファンの20代会社員女性は次のように呆れる。

オタクが罪を犯したのではなく、犯罪者がアニメも見ていたというだけではないかと思います。そもそも今ではさまざまな分野でアニメや漫画が原作として使われたりコラボレーションしていたりと、もう特殊嗜好ではなく世間に広く認められた文化になっているのに、犯罪が起きた時だけ特殊扱いされることに疑問を感じずにはいられません。結局、マスコミは『アニメオタクが』といった見出しをつけて注目を集めたいだけではないでしょうか。そんなことで日本が誇る文化にネガティブな印象を植えつけるなんて、馬鹿げていると思います」

 マスコミは世間の声を受け止め、誤解を招くような報道の仕方を改めなければ、信用を失う一方かもしれない。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ