NEW

ベッキー、金スマ出演にテレビ各局が大激怒…復帰メド立たず、しくじり先生のオファー拒否か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日テレ上層部は大激怒しています。なかでもポスト『24時間テレビ』企画と位置付けた『7daysチャレンジTV~一緒に、未来貢献。~』の締めである「かぞくムービー大賞」を潰されてしまった。今回の惨敗で来年はこの企画も継続できるか怪しい。さらにタイミングを逸して、同番組を担当した情報カルチャー局の局長が6月1日付けで熊本に転出することになりました。この時期だけに、『金スマ』の高視聴率に影響されているなんていう話もまことしやかに飛び交っています」(芸能事務所関係者)

ベッキーと日テレの不仲

 さらにベッキーと日テレの不仲を決定付けるような話も聞こえてくる。

「ベッキーが司会を務めていた『トリックハンター』が8月いっぱいで打ち切られる方向で調整に入りました。理由は視聴率もさることながら、ベッキーが司会を務めていたということも影響しているようだ」(放送作家)

 当初、日テレ内ではベッキーがレギュラーを務め高視聴率をキープする『イッテQ』や、『天才!志村どうぶつ園』でも復帰企画が持ち上がっていたという。

「特に落ち込んでいるのが『トリック』や『イッテQ』で共に司会を務めていた内村光良ですね。ベッキーが休業中も『早く帰って来い』とOA中にエールを送っていたんです。実は休業前にベッキーは、共演者やスタッフに手書きの手紙を渡し、再復帰をお願いしていた経緯がある。噂では『金スマ』の一件で再び手紙を書いているようですが、もうその手は通用しないでしょう。いまだに旧知の間柄である一部の幹部は『24時間テレビで復帰をさせたらどうか』などと言っていますが、現場はしらけムード一色です。『金スマ』の屈辱は絶対に忘れられないでしょう」(制作会社関係者)

視聴者からのクレーム

 ベッキーがここまで不人気なのは『金スマ』出演の不義理もさることながらいまだ視聴者からのクレームが収まらないからだ。

「事務所主導でベッキー復帰を世間に認めさせようと必死ですが、いまだに不倫を許さない良識派の視聴者が中心となって局やスポンサーにベッキー出演に対する疑問や批判を繰り返しているのです。メインスポンサーに対しては『ベッキーが出演する番組のスポンサー=不倫肯定』といったクレームが入っています。また、小学生や年頃の子供の母親から、ベッキーがテレビで話題になるたびに『不倫って何?』と聞かれるというのです。“ベッキー=不倫”というイメージはかなり致命的ですね」(広告代理店リサーチャー)

ベッキー、金スマ出演にテレビ各局が大激怒…復帰メド立たず、しくじり先生のオファー拒否かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事