NEW

トップランナーたちは何歳で頭角を現したのか、『世界から猫が消えたなら』作者が探る仕事論

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 若いうちに結果を出した彼らは「仕事。」を通して世界を面白くし続けてきた。

 でも、実は私たちと同じように、仕事に対して悩んだり、上手くいかずに壁にぶち当ったりしたときもあるはずだ。川村氏が12人に一貫して訊ね続けた設問がある。それは「仕事で悩んだとき、辛いとき、どうやって乗り越えましたか?」だ。

■自分が変わる勇気をいかに持つか。

 仕事は大変だ。上手くいかないことだらけ、不安も不満も混在していて、評価や競争はストレスを増幅させる。人間関係も面倒くさい。変わる必要があるのに、どうしていいのかわからない。変わるには勇気が必要だ。

 「仕事。」を楽しんでいるトップランナーたちのやり方や考え方には、真似できるもの、できないものがある。しかしそこから学べるものはたくさんあるはずだ。悔しいが学ぶしかない。それが成果を出すための近道なのだ。

 「今の若いフリーランスのライターがある時期ぐっと我慢して、大きな仕事を一つするってことをどうしてできないんだろうって思ったりもするんですよ」(沢木耕太郎/p46より)

彼らの言葉はどこを切り取っても、示唆に溢れている。

(新刊JP編集部)

関連記事

「年齢を重ねても男性にモテる」女性の条件とは?
プロアスリートたちに襲いかかる“年齢との闘い”
新橋の社会人に聞いた! あなたにとっての「33歳」を教えてください!
人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

トップランナーたちは何歳で頭角を現したのか、『世界から猫が消えたなら』作者が探る仕事論のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事