『なんでも鑑定団』に福澤朗起用の裏側

 3月末、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)で長らく司会を務めた石坂浩二が降板したが、後任として選ばれたのはフリーアナウンサーの福澤朗だった。この起用に関しても、実はからくりがある。

「『鑑定団』を制作しているネクサスの主要スタッフは、もともとイースト・エンタテインメントという制作会社から独立したメンバー。そして、当の福澤もイーストの関連会社であるノースプロダクションという事務所の所属です。

 つまり、両者はまったく知らない間柄ではない。しかも、現在のテレ東の社長、ネクサスの社長、『鑑定団』のテレ東側のプロデューサー、そして福沢は全員が早稲田大学第一文学部卒で強い結びつきがある。

 福澤の起用が発表された時は『なぜ福澤?』という声も聞かれましたが、実は、たいして不可解なキャスティングではなかったというわけです」(同)

 さて、タレントのイメージを守るのは所属事務所の仕事だ。しかし、イメージを大切にするあまり、プライベートの露出を制限しすぎると、逆にテレビ局にそっぽを向かれてしまうこともあるようだ。

「タレントのプライベートをのぞき見するような企画がありますが、出演に際して、事務所は番組を選びます。例えば、ある番組では『タレントの奥様の顔写真の使用はNG』と言われたのに、別の番組では出している……といったこともよくあります。

 ちなみに、タレント本人の出演を断る際は『スケジュールNG』という理由が一番多いですね。また、特に大手事務所の場合、台本の事前チェックはもちろん、収録後も『あの発言はカットしてくれ』などの要求はよくあることです。

 アーティストの場合は特にイメージを重視するため、あらかじめ決まっていた質問項目に答えてもらった後で『やっぱり、あの質問は使わないでくれ』とレコード会社側から言われることもあります。タレント本人よりも、マネジメントしている側が神経質になっていることが多いですね」(同)

『金スマ』のお涙頂戴VTRはヤラセ?

 さらには、こんなこともあるようだ。

「特に『金スマ』のVTRのつくり方は恣意的ですね。本人の心情や発言を都合のいいように解釈して、結果的に泣かせるものにしている。要は、業界で言う『ふくらませる』というやつです。

 視聴者のなかには、そのうさんくささを見抜いて嫌悪感を抱く方もいますが、やはり大半の人は“涙”の前では無防備になる。これまで何度も、一部では『ヤラセ演出』と取り沙汰されてきましたが、番組が打ち切りにならないのは、その『あざとくもしっかりVTRをつくる』という鉄の掟を守ってきたから。同じことは、同じくTBS系の『爆報!THE フライデー』にもいえるでしょう」(同)

 さまざまな「しがらみ」や「思惑」を乗り越えて、番組をつくるテレビマンたち。そして、そんな番組に出続けるタレントたち。芸能界では、今日も熾烈な争いや駆け引きが、我々の見えないところで繰り広げられているのである。
(文=編集部)

関連記事