NEW
福沢嘉孝「病気と医療のウソ?ホント?」

個人の将来の「がんリスク」&長寿を診断する画期的外来が開始…生活改善指導で予防可能

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 従って、本外来を十分に活用することにより、より早期からの疾病リスク診断が可能となり、単なる予防医療でない真の意味での「Self-medication(発症前に自分で病気の芽を摘む医療)」が大いに期待できるのです.

 以下に、受診者の方が当センター外来を受診した際の採血後約1カ月後に担当主治医からフィードバックされる報告書の一部をご参照ください。今後、皆様の積極的な当センター外来への受診をお待ちしております。
(文=福沢嘉孝/愛知医科大学病院先制・統合医療包括センター部長・教授<AMPIMEC>)

図1.性別の各種臓器がんに関連する遺伝子:男性

図2.性別の各種臓器がんに関連する遺伝子:女性

図3.がん関連遺伝子検査後の報告書:CA125:高リスク判定例

図4.長寿遺伝子検査後の報告書:中等度活性化例

【外来担当日および料金の詳細】
・外来担当日:毎週木曜日 午前8時30分〜午後2時30分(受付時間:午前8時30分~11時)
・外来担当場所:中央診療棟(48)番外来 診察室(1)番で実施(事前・当日予約制)
・原則、自費診療
(1)長寿mRNA検診:60,000円(税別、以下同)
(2)がんmRNA検診:130,000円
(3)長寿&がんRNA検診:180,000円
(4)面談のみ:5,000円

【愛知医科大学病院マーナ(mRNA)健康外来に関する参照サイト】
愛知医科大学病院
先制・統合医療包括センター(AMPIMEC)

個人の将来の「がんリスク」&長寿を診断する画期的外来が開始…生活改善指導で予防可能のページです。ビジネスジャーナルは、連載、がん生活習慣病病気の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事