NEW
安保徹「間違いやすい医学の常識」

脳、子供時代に完成で成長終了?「細胞分裂」が人間の病気と老化を支配

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方、分裂できる細胞はダメージを受けてもすぐ再生されます。皮膚は傷ついてもふさがり、腸は上皮も破壊されてもいずれ治癒します。これらは解糖系の働きに依存しているわけです。子供の時は解糖系が優位で、大人になると2つの系は調和の時代に入ります。そして、年をとってくるとミトコンドリアが優位になって、この流れで一生が終わります。
 
 細胞分裂は子供時代に盛んで、お年寄りになると低下します。このことを知ると、子供時代に身体が伸びることも皮膚が分裂してみずみずしいのも理解できるでしょう。

 一方、解糖系はエネルギー効率が低いので、たくさん食べる必要があります。子供が午前10時や午後3時におやつを食べる理由になっています。大人は3食で十分です。逆に、お年寄りになると少食が健康の基本になります。このような仕組みも、食べ物からエネルギーを取り出すのに2つの方法があり、これが年齢と共にシフトする現象があるからです。

 ミトコンドリアの多い分裂のない細胞は、たくさん食べることに弱い傾向があります。お年寄りに胃瘻をつくりたくさん栄養を与えると、脳神経がダメージを受け認知症が進みます。
(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士)

脳、子供時代に完成で成長終了?「細胞分裂」が人間の病気と老化を支配のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事