NEW

年収300万円止まりの言葉、年収3000万円の言葉、その違いとは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「年収3000万円の人」は、こんな場面で「やってみます。たしかに難しいですが、だからこそやってみる価値があると思います」と答えます。

 上司が期待しているのは、その仕事の出来よりも「チャレンジ精神」です。将来稼げるようになる人はそれを察知して、上司の望む答えを返します。そしてその難しい仕事を「ステップアップのチャンス」と捉えて、何としても成功させるべく努力するのです。

 本書には、「年収300万円の人」と「年収3000万円の人」の言葉の違いがまだまだたくさん取り上げられています。

 この違いは、単に言葉遣いの問題ではなく、思考の違いであり、行動の違いです。中には非常識に思えるものもありますが、それだけ野心を持って、シビアな現実と戦ってこそ、お金持ちへの道は開けるというのは、やはり確固たる事実なのでしょう。

(新刊JP編集部)

関連記事

年収300万円台でも貯金額が3倍以上にアップしたズボラ家計術
年収3倍になっても金を使わない生活が難しい理由
あなたの年収アップを阻む「3つの壁」とは?
「オヤジ肌」があなたの評価を下げる!男の見た目と年収の関係

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

年収300万円止まりの言葉、年収3000万円の言葉、その違いとは?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、コミュニケーション午堂登紀雄年収の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事