NEW
名郷直樹「健康についてウェブで検索するな!」

認知症の検査は危険!不必要に脳梗塞&胃潰瘍の患者にさせられ「心配」増殖の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もちろん「血液サラサラの薬」で脳梗塞が予防できる効果が、胃潰瘍からの出血などの害を上回る効果があれば、こうした心配も無駄ではないかもしれません。しかし、残念ながら隠れ脳梗塞の人に、そのような効果があるかどうかはっきりしていません。脳梗塞を起こしやすい糖尿病の患者さんでも、はっきりした害を上回る効果が示されていないくらいで、隠れ脳梗塞の人でどうなのかはよくわかっていません。認知症に対しては、さらに効果は不明です。

 認知症の症状そのもので困っているのではなく、認知症の心配で困っているという人は、あまり検査をしないのがお勧めです。特にMRIをとったりすると、3割の人は、治療したほうがいいかどうかもよくわからない脳梗塞患者にされてしまうかもしれません。

 実際の生活上の不便がなく、認知症の心配だけであれば、何も心配はありません。検査などせずに、今まで通りに生活すればいいのです。
(文=名郷直樹/武蔵国分寺公園クリニック)

認知症の検査は危険!不必要に脳梗塞&胃潰瘍の患者にさせられ「心配」増殖の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事