NEW
村上純一「医療の裏を読む」

制汗剤は危険!がんやさらに強い悪臭発生のおそれ 含有の銀イオンに強い毒性も

文=村上純一/医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

 ワキにはエクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺があり、それぞれから違う種類の汗が出る。そのうち、アポクリン腺から出る汗を栄養源として細菌が繁殖することが原因でワキガ等のニオイを発する。銀イオンは、その細菌自体を死滅させてしまうのでワキガを抑制できる。また、銀イオンには殺菌力だけでなく消臭力もあるため、すでに汗をかいてニオイが気になり始めてから使用しても効果を発揮する。そのうえ、効果はほぼ丸1日継続することから、制汗剤としてはこれほど有能な成分はない。

 だからこそ、製薬メーカーは銀イオンの安全性を必死に訴えているともいえる。

 塩化アルミニウム、銀イオンのいずれを使用した制汗剤であっても、化学物質には違いないため、化学物質過敏症を患っている人は口や鼻から吸入することはもちろん、触れるだけでも体に不調を来す。

 また、ほとんどの制汗剤には強い香料が含まれているため、そのニオイが周りに不快感を与えることも多い。制汗剤を使用する際には、シャワーを浴びるなど一度汗を流してからでなければ、体臭と香料のニオイが混じり、かえって悪臭を生む場合もある。

 さらに、制汗剤は、本来体が汗腺から排出しようとしている汗を止めるわけで、汗に含まれる汚れや不要物質といった老廃物を体内にとどめることになり、体臭が強まる可能性がある。加えて、制汗剤を使い続ければ、もともと人間の肌にいる常在菌が減って、悪い菌の増殖を抑えられなくなり、さらに体臭がきつくなるおそれもある。

 ワキ汗が気になる人は、汗取りパッドなどを利用することをお勧めしたい。最近では、黒い服でも目立たない黒いパッドや、消臭機能が強化されたパッドもある。どうしても制汗剤を使わざるを得ない場合以外はなるべく使用を避け、使った後はしっかり洗い落として、さらに汗腺から汗を出して老廃物を溜め込まないようにするなど、意識したほうがいいだろう。

 多汗症やワキガなど、どうしても汗やニオイがコントロールできない人は、医療機関に相談するといい。
(文=村上純一/医療ジャーナリスト)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ